Go to English Page  

近藤 倫生(理学博士)

michio's picture
〒520-2194 大津市瀬田大江町1-5  
龍谷大学理工学部  
環境ソリューション工学科  

電話: +81-(0)77-544-7111  
ファックス: +81-(0)77-544-7130  
電子メール: mkondoh(at-mark)rins.ryukoku.ac.jp  






略歴

愛知県名古屋市出身。東海高校卒業。1992〜1996年に京都大学理学部で生物学を学んだのち、京都大学生態学研究センターにて東正彦教授のもとで1996〜1998年に修士課程(理学)を、東正彦教授と山村則男教授のもとで1998〜2001年に博士後期課程(理学)を修了しました。この間、数理モデルを用いて、動物の繁殖システムや社会構造を個体間の進化ゲームの帰結として説明する理論、群集生態学における「多様性パターン(生産性/撹乱と種数の関係)」の成立メカニズムなどの問題に取り組みました。その後、2001〜2004年は日本学術振興会特別研究員として群集生態学の諸問題、特に食物網の構造と個体群動態の間の関係について研究を進めました。この期間、カーディフ大学(英国;2002年5月〜2003年10月)とオランダ生態学研究所(オランダ;2003年10月〜2004年1月)において客員研究員として研究する機会を得ました。2004年4月からは龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科(大津市)で教員をしています。2014年より教授。日本生態学会、個体群生態学会、数理生物学会に所属しています。



研究課題

進化生態学、個体群生態学、群集生態学の諸分野について数理モデルを用いた理論研究をおこなっています。これまでの主要な研究テーマは以下の通りです:

2012年〜:環境DNAを利用した生物群集の構造・動態研究

2008年〜:実証データに基づく食物網の構造・動態解析

2003年〜:食物網の構造(複雑性)・安定性に関する群集生態学理論

2003年〜:人間活動が生物群集に与える影響に関する群集生態学理論

2001年〜:種多様性の決定・維持機構に関する群集生態学諸理論

1999〜2002年:ゲーム理論に基づく進化生物学理論

龍谷大学ではこれまでの研究をさらに発展させることによって以下の問題に取り組みたいと考えています:

現在の研究のキーワード:生物群集、種間相互作用、ネットワーク



主要な研究業績

学術論文
  1. A. Mougi and M. Kondoh (2016) Food-web complexity, meta-community complexity and community stability. Scientific Reports 6: 24478.
  2. A. Mougi and M. Kondoh (2012) Diversity of interaction types and ecological community stability. Science 337: 349-351.
  3. T. Miki, M. Ushio, S. Fukui and M. Kondoh (2010) Functional diversity of microbial decomposers facilitates plant coexistence in a plant-microbe-soil feedback model. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107: 14251-14256.
  4. M. Kondoh (2008) Building trophic modules into a persistent food web. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, doi:10.1073/pnas.0805870105.
  5. M. Kondoh (2003) Foraging adaptation and the relationship between food-web complexity and stability. Science 299: 1388-1391.
  6. M. Kondoh (2001) Unifying the relationships of species richness to productivity and disturbance. Proceedings of the Royal Society of London. Series B 268: 269-271.

書籍など
  1. M. Kondoh (2012) Resilience and Stability. In: Encyclopedia of Theoretical Ecology (Eds. A. Hasting & L. Gross) University of California Press.
  2. 大串 隆之 近藤 倫生 (2008-2009) シリーズ「群集生態学 (全6巻)」 (京大学術出版会).
  3. M. Kondoh (2005) Is biodiversity maintained by food-web complexity? -The adaptive food-web hypothesis. In: Aquatic Food Webs: an Ecosystem Approach (Eds. A. Belgrano, U. Scharler, J. Dunne & B. Ulanowicz) Oxford University Press.
  4. M. Kondoh (2006) Linking flexible food-web structure to population stability: a theoretical consideration on adaptive food webs. In: Dynamic Food Webs: Multispecies assemblages, ecosystem development, and environmental change (Eds. P. C. de Ruiter, V. Wolters & J. C. Moore) Academic Press.
  5. M. Kondoh (2006) Contact experience, alien-native interactions, and their community consequences: a theoretical consideration. In: Conceptual ecology and invasions biology: reciprocal approaches to nature (Eds. M. W. Cadotte, S. M. McMahon & T. Fukami) Academic Press.

研究業績リスト(別刷のダウンロード)



受賞歴

研究費・奨学金等

研究以外の活動


コンドウ研究室の掲示板
学生のみなさんへ
環境ソリューション工学科

最終更新日:2016/11/02