= List of Ideas =

更新日: February 5, 2015
by M. YUMA (遊磨正秀)
yuhma@rins.ryukoku.ac.jp
環境ソリューション工学科
PhotoYuma
遊磨HP TopPageへ
学科HP TopPageへ
RU_StudyFrame

研究室メンバーの修士論文・学部卒業研究テーマ
  2016年度  
  修士論文  
  • 里山二次林の林内植生環境と訪花昆虫(山田 純平)
  •   2016年度

      学部卒業研究  
  • アカハライモリの利用環境と移動範囲(山鳥 将弥)
  • 底生魚カマツカが選択する河床環境(山田 直輝)
  • カジカ大卵型の体色と底質の色彩(野田 葵) ♪プレゼン賞♪
  • 龍谷大学瀬田キャンパスにおけるセアカゴケグモの生育環境と卵数変動(舘 雄大)
  • 畦畔の環境変化がカエル類の食性に与える影響(澤田 司) ♪プレゼン賞♪
  • 森林における土壌動物と植生の関係(礒谷 一毅)
  • ヤマトシジミの蜜源植物に対する選好性(野口 聡)

  •   2015年度  
      修士論文  
  • オイカワの摂餌行動と河川内空間をめぐる個体間関係(武村 達也)
  • 河川におけるゲンジボタルとヘイケボタルの生息環境の比較(豊福 晋作)
  •   2015年度

      学部卒業研究  
  • 琵琶湖砂礫湖岸における湖底環境とテナガエビの分布様式(小島 萌)
  • 地表性甲虫の多様性に対する里山の部分的伐採の影響(竹村 嘉礼) ♪プレゼン賞♪
  • 河川におけるアジメドジョウの行動と河床環境利用(鶴谷 峻之) ♪プレゼン賞♪
  • 龍谷大学瀬田キャンパスにおけるセアカゴケグモのグレーチング選好(寺田 真規) ♪プレゼン賞♪
  • サワガニの河川内分布と利用環境(橋本 拳太)
  • タナゴ類が利用する河川の水草環境(藤原 漆)
  • 琵琶湖流入河川におけるカワヨシノボリ密度と水生昆虫密度(源 早織)

  •   2014年度

      学部卒業研究  
  • 水田畦畔地における植生の多様性とガ類群集(加藤 あかね) ♪プレゼン賞♪
  • アユ仔魚の降下生態(北崎 稜太)
  • アカハライモリ の生息環境における河床のリターと浮き石の重要性(黒野 文貴)
  • 緑地公園におけるチョウ類の吸蜜餌資源利用様式(十河 勇樹)
  • 龍谷の森における土壌空隙と土壌動物の関係(中野 英幸) ♪プレゼン賞♪
  • 農業用水路におけるイシガイ類の生息環境(野村 賢吾)
  • 川岸におけるトノサマガエルの生息環境(船原 啓)
  • オウミヨシノボリとカワヨシノボリの産卵場所利用(矢萩 温)

  •   2013年度  
      博士論文  
  • 蝶翅上捕食痕の生態学的研究(太田 真人)
  •   2013年度  
      修士論文  
  • 龍谷大学瀬田キャンパスにおけるサウンドスケープ評価(稲井 拓人)
  • 攪乱前後におけるウツセミカジカの河川内分布比較(小澤 真帆)
  • 琵琶湖流入河川におけるオオアユとコアユの産卵環境(小澤 元生)
  •   2013年度

      学部卒業研究  
  • ヒノキ林における間伐施業に対するアリ群集の反応(浦田 龍一)
  • サワガニの河床利用(木村 裕太)
  • トウヨシノボリ橙色型の体サイズに着目した河床利用(高橋 秀彰)
  • 河川におけるオイカワの行動と環境利用(武村 達也)
  • 青土ダム下流における支流流入が水生昆虫群集に与える影響(富永 裕紀)
  • 大津市田上の水路におけるゲンジボタルの生息適地(豊福 晋作)
  • 公共雨水ますにおける蚊の発生要因(中村 好児)
  • 琵琶湖におけるブルーギルの水草利用(本間 一輝)

  •   2012年度  
      修士論文  
  • 森林の階層構造とクモ群集の関係(出水 大和)
  • 河川環境におけるウグイ稚魚の摂食様式(仲島 佑美)
  • 摂食活動にみるカエル類の種間相互作用(藤元 信吾)
  • 魚類貧酸素耐性の水温による変化(森 洋希)
  • 回遊性ウツセミカジカの河川内移動様式(吉田 直子)
  •   2012年度

      学部卒業研究  
  • 森林環境とセミ類の分布(谷川 大樹)
  • 河川におけるアメリカザリガニの餌選択(中村 俊哉)
  • 龍谷の森における大型土壌動物の生息環境(西堀 奈津美)
  • 河川におけるトンボ幼虫の生息環境(藤原 喜隆) ♪プレゼン賞♪
  • 河川における淡水カメ類の生息環境(保科 明俊)
  • 龍谷の森における地表性昆虫の生息環境選好性と群集構造(村上 裕梨) ♪プレゼン賞♪
  • 草本におけるクモ類の空間利用(森川 智史) ♪プレゼン賞♪

  •   2011年度  
      修士論文  
  • 樹皮構造とトビムシ類の分布(小川 雅史)
  •   2011年度

      学部卒業研究  
  • 琵琶湖流入26河川におけるアユの産卵適地(小澤 元生) ♪プレゼン賞♪
  • 生物音が人に与える印象を考慮したサウンドスケープ(稲井 拓人)
  • 水路構造の変化による貝類の生息状況(小坂 創)
  • ブルーギルの餌選択(大槻 広太)
  • ウツセミカジカの生息場所の物理的環境条件(小澤 真帆) ♪プレゼン賞♪
  • 森林環境と地表性昆虫群集(山田 将大)
  • ヤマトシジミ成虫の静止行動と草本利用(香月 美南) ♪プレゼン賞♪
  • ホテイアオイの越冬適地の水域環境(辻田 将司)

  •   2010年度  
      修士論文  
  • 蝶翅上捕食痕の生態学的研究(太田 真人)
  • 森林環境が植食性昆虫に及ぼす影響(東郷 有城)
  • 土壌表層における節足動物の生態学的研究(永村 幸博)
  •   2010年度

      学部卒業研究  
  • 造網性クモを用いた環境評価(出水 大和)
  • カエル類の生息に適した畦畔管理および水田周辺環境(岩見 真悠子)
  • 琵琶湖におけるヌマチチブとヨシノボリ類の食性からみた種間関係(大野 仁資)
  • 餌資源からみたコイ科仔稚魚の成育場所(仲島 佑美) ♪プレゼン賞♪
  • 河床材の粒度組成とヒゲナガカワトビケラの巣材選択(深尾 真人)
  • カエル類の食性からみた種間関係(藤元 信吾)
  • 琵琶湖流入河川におけるアユ産卵域の上下限(松村 建太郎)
  • 琵琶湖流入河川における人工構造物とウツセミカジカの分布(吉田 直子)

  •   2009年度  
      修士論文  
  • アカハライモリの分布にかかる農業水路構造(川島 宇二郎)
  • 蝶類を用いた都市域緑地の環境評価(樋口 久子)
  • 琵琶湖産アユの産卵環境(由良 洋介)
  •   2009年度

      学部卒業研究  
  • 龍谷の森における中型土壌動物とその生息環境(小川 雅史)
  • アブラハヤとタカハヤの分布と種間関係(織田 浩二)
  • トンボ幼虫を用いた河床環境評価(河原 昭太)
  • トンボ成虫を用いた緑地環境評価(中澤 有平)
  • 琵琶湖岸におけるヨシの生育適地(長安 陽平)
  • ジョロウグモの生息場所選好性(三輪 信)
  • 魚類における低酸素耐性(森 洋希)
  • 琵琶湖におけるテナガエビの湖岸利用(山中 卓磨)

  •   2008年度  
      修士論文  
  • 琵琶湖の魚類の遡上傾向とその目的(伊藤 琢哉)
  • 砂礫湖岸における湖底斜度が外来捕食魚の食性に与える影響(福島 功也)
  •   2008年度

      学部卒業研究  
  • 琵琶湖流入河川における瀬切れとトウヨシノボリの遡上分布(泉 香名) ♪プレゼン賞♪
  • ブルーギルが沈水植物群落に与える影響(伊藤 貴大) ♪プレゼン賞♪
  • 「龍谷の森」におけるチョウ類のビークマーク(太田 真人)
  • 「龍谷の森」におけるガ類の群集構造及び環境評価(東郷 有城)
  • 林縁部におけるアリ類群集(永村 幸博)
  • カワニナ属の成長と生息環境(橋元 陽子)
  • ヨシノボリとヌマチチブの産卵床をめぐる礫利用競争(古井 奈央子) ♪プレゼン賞♪
  • カメ類における在来種と外来種の生息環境に対する適応性(村上 拓也)

  •   2007年度

      学部卒業研究  
  • 琵琶湖沿岸部におけるビワヨシノボリの礫選択(上本 有紀)
  • 河床礫ガチガチ度が底生動物群集に与える影響(奥田 千賀子)
  • アカハライモリを用いた水路環境評価(川島 宇二郎)
  • 琵琶湖とその流入河川におけるアユの遡上要因と形質的集団分化(中村 圭一)
  • ヤマトシジミ成虫による草地環境の利用(樋口 久子)
  • 鳥類の逃避距離に対する人の影響(村田 守穂)
  • 流速に対するヨシノボリの形態的適応と食性(山下 紘平)
  • 「龍谷の森」における開花フェノロジーと昆虫の訪花戦略(山田 純平)
  • 琵琶湖の水温環境とアユ稚仔魚の生息場所について(山本 理恵)

  •   2006年度

      学部卒業研究  
  • タモロコの地理的形態変異(伊藤 琢哉)
  • アユの遡上と日照・濁度・水温の関係(中M 匡宏)
  • 琵琶湖流入河川(安曇川)における魚類の遡上生態(西沢 浩嗣)
  • 琵琶湖砂礫浜湖岸に生息するオオクチバス(Micropterus salmoides)と在来魚との関係(福島 功也) ♪プレゼン賞♪
  • トウヨシノボリとカワヨシノボリの分布と種間関係(藤原 美紀) ♪プレゼン賞♪
  • 底生動物の群集組成と食物網構造の河川間比較(吉岡 文子)
  • 上・下流域におけるツルヨシの繁殖戦略(藤本 ひでみ) ♪プレゼン賞♪


  • その他 面白そうなテーマ
    淡水魚

    970814AdoGori
    Nisikigoi970410Obama
     ==> アユ関連文献目録: WEB上情報集 ≪2014年 暫定版≫
  • アユ稚仔魚の生態(琵琶湖沿岸や河口域のどこでどんな暮らしをしているのか?)
  • アユの産卵生態(どんな条件の場所でいつ産卵するのか?)
  • アユの遡上生態(どんな水温や河川流量のときに琵琶湖から遡上するのか?)
  • カジカ(カジカとウツセミカジカの関係はどうなっているのか?)
  • トウヨシノボリの琵琶湖周辺河川における分布(分布パターンを河川構造物や遡上能力と比較)
  • トウヨシノボリのため池個体群(小さな止水域では矮小型になる。なぜか?どんな生活史なのか?)
  • トウヨシノボリのダム湖での生活(琵琶湖と回遊せずにどんな生活をしているのか?)
  • トウヨシノボリとカワヨシノボリの琵琶湖周辺河川における分布(種間競争はあるのか?)
  • トウヨシノボリとビワヨシノボリの琵琶湖沿岸や河口域における分布(種間競争はあるのか?)
  • コイ(琵琶湖でノゴイ(野生種)とヤマトゴイ(改良品種)の関係はどうなっているのか?)
  • ウグイ(河川のものと琵琶湖のものの関係はどうなっているのか?)
  • 河川構造物と琵琶湖と河川の間の回遊魚の遡上実態(河川勾配図および堰などの位置と規模の実測による)
  • 魚類各種の琵琶湖と河川の回遊生態(どんな種のどんな状態のものがいつ琵琶湖から遡上するのか?)
  • ため池の魚類等の生息状況(そのタメの周辺環境,流出口の状態,管理状態等との関係は?)
  • 魚類各種の琵琶湖内での生態や移動習性(漁業者への聞き取りによる
  • 魚類各種の産卵習性や卵の形態・貧酸素耐性
  • 魚類等を用いた琵琶湖環境モニタリングの新指標の開発(政策課題

  • 底生動物

    FlyingGenji20000608c Reiniana2000May-modified
  • ホタルの幼虫やカワニナの水温、溶存酸素、水質耐性(ホタルの幼虫にとって汚濁は関係ない?)
  • ザリガニの影響(いると池の水草がなくなるといわれるが,この種の食性や水生植物への影響は?)
  • ヘイケボタルの生態(今や田にしかいないこの種の生活様式は? 冬,水のない田でどうしているのか?)
  • 全国のカワニナ類(マル,チリメン,クロダ,キタノ,ヒタチチリメン等の分布と形態,ゲンジボタル遺伝型との関係)
  • ヒメタニシ(水質浄化に大きく寄与していると言われてはいるが・・)
  • モノアラガイ(モノアラ,ヒメモノアラ,ハブタエ,サカマキ等の分布:田,水路,河川,池によって異なる?)
  • スクミリンゴガイ(水路のものは田のものとずいぶん違うと言われるが・・)
  • 二枚貝(プランクトンの組成が変わってその食性はどう変わってきているのか?)

  • その他の
    水域関連テーマ

    19990802HonjouBrDryUp2b
  • 泥か砂か(ドジョウやイモリが生息する水路などの砂泥の粒度組成は?)
  • 琵琶湖水位と川の水位の関係(近年,よく川枯れが起こるが,琵琶湖水位の低下のせいなのか?)
  • 琵琶湖から逆水灌漑により運ばれる生物群(送水管出口でのトラップにより調査)
  • 大戸川等 中州の変遷(砂質の川における中洲の変遷を,航空写真等から分析する)
  • 多自然工法の効果検証(河川等で用いられている工法はどう役に立っているのか?)
  • ツルヨシの生態(どんな生態か? 河川にはびこる原因は何か?)
  • ヨシ(本当はどんな生活史をもっているのか? 本当に浄化に役立つのか?)

  • 里山と陸上動物
    20040804KisoSakahachi2
  • キャンパス:植食昆虫群集(街路樹などにどんな虫がいる? ミノムシは無事か?)
  • 龍谷の森:蛾類群集(夜の賑やかさは?)
  • 龍谷の森:里山におけるサウンドスケープ(セミ,コオロギ類,鳥類のの分布や季節消長と森の音の賑わい)
  • 龍谷の森:蝶の生態(蝶の目による里山環境)
  • 龍谷の森:かつて牛が摂食した植物量,そして排出量(地元高齢者への聞き取りによる
  • 龍谷の森:森の生き物データベース構築
  • 詩歌や絵画にみる自然観

  • Copyright 2005 M.YUMA