お知らせ

龍谷祭に合わせ、研究室公開を実施しました。(終了しました)

龍谷祭に合わせ、研究室公開を実施しました。

1.日 時 : 2016年10月29日(土)・30日(日)11:00〜17:00
2.申 込 : 不要(参加費も無料です)


詳しくは以下のURLにてご確認ください。
オープンキャンパス開催概要 

●研究室公開の写真はこちら

岸本直之教授がWET Excellent Presentation Awardを受賞されました。

理工学研究科環境ソリューション工学科 岸本直之教授が2017年7月23日にWET Excellent Presentation Awardを受賞されました。

本賞は(公社)日本水環境学会が主催する国際会議Water and Environment Technology Conference 2017(2017年7月22, 23日開催)にて行われた全発表を対象に, 特に優れた発表を選定し,表彰するものです。
受賞対象となった研究「Application of a dialysis-based pH control system to a microbial fuel cell using ferric-EDTA electron acceptor」は, 有機性廃水を処理しつつ電力を生み出す微生物燃料電池の長期運転を可能とするpH制御法を新規開発したものであり, 龍谷大学と前澤化成工業(株)の共同研究成果です。
今後,本技術の実用化を通じて,環境保全に貢献できるよう,さらなる研究開発を進めていく予定です。


オープンキャンパスに合わせ研究室公開を実施しました(終了しました)

7月16日(日)、8月27日(日)のオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 奥田研究室:膜で下水を飲み水に?・種の成分で濁りを取って飲み水にする
  • 岸本研究室:健全な水循環・利用システム構築に向けた取り組み
  • 近藤研究室:昆虫実験で人口のダイナミクスを研究する
  • 山中研究室:環境DNAで水中を科学捜査!
  • 丸山研究室:環境分野でのマルチコプター(ドローン)の利用
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行 2017
  • 宮浦・横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • Lei 研究室:植物の食べ方

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2016年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2016年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2017年2月22日(水) 9:00〜13:10
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2016年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。
なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップは以下のHPをご覧ください。                  

龍谷大学学園祭に合わせ研究室公開を実施しました(終了しました)

10月29日(土)、10月30日(日)のオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 浅野研究室:廃材を利用した排水処理技術の開発
  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 奥田研究室:環境技術の進化 ―水・土・余物を対象に―
  • 岸本研究室:健全な水循環・利用システム構築に向けた取り組み
  • 越川研究室:私たちの生活を豊かにする微生物と、脅かす微生物
  • 近藤・山中研究室:魚の DNA を追う!汲んだ水から魚の種類を特定する
  • 丸山研究室:「なに食べた ?」を魚に訊く 安定同位体分析、魚のつかみ取り
  • 水原研究室:木質バイオマスの有効利用
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行 2016
  • 横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • Lei 研究室:植物は電気や音の刺激を感じる?

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

オープンキャンパスで研究室公開を実施しました(終了しました)

7月17日(土)、8月27日(日)のオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 浅野研究室:廃材を利用した排水処理技術の開発
  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 奥田研究室:環境技術の進化 ―水・土・余物を対象に―
  • 岸本研究室:健全な水循環・利用システム構築に向けた取り組み
  • 越川研究室:私たちの生活を豊かにする微生物と、脅かす微生物
  • 近藤・山中研究室:魚の DNA を追う!汲んだ水から魚の種類を特定する
  • 丸山研究室:「なに食べた ?」を魚に訊く 安定同位体分析
  • 水原研究室:木質バイオマスの有効利用
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行 2016
  • 横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • Lei 研究室:植物は電気や音の刺激を感じる?

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

修士課程2年 神田崚君が京都大学環境衛生工学研究会第38回シンポジウムにおいて,優秀ポスター賞を受賞しました

  2016年7月29,30日に開催された京都大学環境衛生工学研究会第38回シンポジウムにおいて, 本学大学院理工学研究科環境ソリューション工学専攻修士課程2年の神田崚(かんだりょう)君が優秀ポスター賞を受賞しました。
  本表彰は,京都大学環境衛生工学研究会第38回シンポジウムにおいて行われたポスター発表のうち,研究内容と質,ポスターデザイン,発表技術に優れたものを,会員の投票により選定し,表彰するものです。
  受賞対象となった研究「散水ろ床型硝化脱窒反応器の最適運転条件の検討」は,龍谷大学と大日本プラスチックス(株),前澤化成工業(株)の三者で共同開発を進めている省エネルギー型排水処理技術の最適運転条件を,実験と数値シミュレーションを使って明らかにしたものです。
  現在,本技術を用いたパイロットプラント建設に着手しており,実証試験を通じて,環境保全に貢献できるよう,本技術の実用化を進めていく予定です。


2016年度 博士論文公聴会(9月修了生)のご案内(終了しました)

2016年度博士論文公聴会(9月修了生)を下記のとおり行います。

  • 日時 2016年7月20日(水) 17:00〜18:40
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2016年度博士論文公聴会のプログラムをダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。
なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップは以下のHPをご覧ください。                  

2015年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2015年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2016年2月22日(月) 9:20〜15:10
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2015年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。
なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップは以下のHPをご覧ください。                  

竺文彦先生 最終講義のご案内(終了しました)

理工学部環境ソリューション工学科教授の竺文彦先生が、2016年3月末をもって定年退職されます。
つきましては、下記のとおり、最終講義を実施しますので、多数ご来聴いただきますようご案内申し上げます。

                 記
        ■日 時:2016年2月16日(火) 15:00〜16:00
        ■場所:龍谷大学瀬田学舎1号館1階107教室
        ■テーマ:「教員生活40年を振り返って」

        <問合せ先>
         環境ソリューション工学科 浅野
         TEL 077-544-7114
         FAX 077-544-7130
         E-mail jiku_lastlecture@yahoo.co.jp


博士課程・東郷有城君が環境アセスメント学会研究発表大会にて、最優秀ポスター賞を受賞しました。

博士課程・東郷有城君が2015年9月4日、5日に開催された環境アセスメント学会研究発表大会において、最優秀ポスター賞を受賞しました。

発表タイトル:異なる森林環境におけるガ類の食性分類群による環境応答


2015年度 龍谷祭(学園祭)での研究室公開(終了しました 15/10/25)

10月24日(土)、25日(日)の龍谷祭(学園祭)に合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 岸本研究室:健全な水循環・利用システム構築に向けた取り組み
  • 丸山研究室:マラウイ湖へのいざない
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行2015
  • 山中研究室:環境DNAで汲んだ水から生物を調べる
  • 水原研究室:木質バイオマスの熱利用
  • 宮浦・横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • Lei研究室:植物は電気や音の刺激を感じる?
  • 環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:
    身近な自然を訪ねて〜龍谷の森の生き物たち〜
  •  

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

M1神田崚君が国際会議Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015)において,WET Excellent Presentation Awardを受賞しました

2015年8月5,6日に開催された国際会議Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015)において, 本学大学院理工学研究科環境ソリューション工学専攻修士課程1年の神田崚(かんだりょう)君が WET Excellent Presentation Awardを受賞しました。
  本表彰は,WET2015において行われたすべての研究発表のうち,優秀な研究発表を表彰するもので,受賞研究の情報は以下の通りです。

1. 受賞者
神田崚(理工学研究科環境ソリューション工学専攻修士課程1年)
2. 研究タイトル
Temperature effect on biological nitrification-denitrification process using a trickling filter(散水ろ床を用いた生物学的硝化脱窒プロセスに及ぼす温度の影響)

3.共同研究者
神田崚(龍谷大学大学院),岸本直之(龍谷大学),日野林譲二(大日本プラスチックス),橋本勉(大日本プラスチックス)
4. 研究内容
  下水中窒素を除去する高度処理法として一般に循環式硝化脱窒法が用いられているが,この方法は硝化のために大量の空気をブロアで供給する必要があり,曝気エネルギーの消費が大きいという欠点がある。
そこで本研究ではブロアを必要としない散水ろ床型硝化槽と嫌気ろ床型脱窒槽を組み合わせた新たな循環式硝化脱膣プロセスを開発し,嫌気ろ床滞留時間を6.5時間,硝化液循環率を250%に設定して,プロセス性能に及ぼす温度影響を評価した。
  龍谷大学から発生する下水を対象に処理実験を行った結果,9?11月には全窒素除去率71.3±10.1%と,理論除去率にほぼ一致する結果が得られた。しかしながら,12月には全窒素除去率は21.1±26.2%に低下した。 この要因として温度が15°Cを下回った結果,硝化反応が抑制されたためと考えられ,温度依存性を示す温度係数は1.095と評価された。
以上の結果,本プロセスは,温度が15°Cを下回ることのない熱帯・亜熱帯地域における省エネルギー型硝化脱窒プロセスとして有効に機能するものの,温帯地域においては冬季の低温対策の必要性が示唆された。


2015年度 オープンキャンパスでの研究室公開(終了しました)(15/08/31)

7月19日(日)、8月29日(土)のオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 森林生態学(宮浦・横田)研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 岸本研究室:健全な水循環・利用システム構築に向けた取り組み
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行2015
  • 山中研究室:環境DNAで汲んだ水から生物を調べる
  • 水原研究室:木質バイオマスの熱利用
  • 環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:身近な自然を訪ねて〜龍谷の森の生き物たち〜

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2014年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2014年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2015年2月23日(月) 9:20〜12:15
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2014年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。
なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップは以下のHPをご覧ください。                  

2014年度 博士論文公聴会の案内(終了しました)

2014年度博士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2015年2月23日(月) 15:00〜16:35
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2014年度博士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。
なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップは以下のHPをご覧ください。                  

龍谷大学理工学部開設25周年記念学科シンポジウム
           「途上国の教育と発展」を開催しました (終了しました)

10月28(火)龍谷大学理工学部開設25周年記念
環境ソリューション工学科シンポジウムを開催しました。

題目:途上国の教育と発展

  ゲストスピーカー:Alice de Ceita e Almeida 博士
   ・アンゴラにおける高等教育と発展
   ・アンゴラの紹介、Agostinho Neto大学の紹介

  ゲストスピーカー:Samson Sajidu 博士
   ・マラウイの紹介、Malawi大学の紹介

  ディスカッション
   ・今後の国際交流に向けて(学生交換〜共同研究)

詳しくはこちらへ     

理工学部開設25周年記念学科シンポジウム (PDFファイル 1,184KB)     

学科シンポジウムの様子




2014年度 龍谷祭(学園祭)での研究室公開(終了しました)(14/10/25)

10月25(土)・26日(日)の龍谷祭(学園祭)に合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 宮浦・横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 竺研究室:家庭生ごみのメタン発酵
  • 浅野研究室:米ぬかを利用した排水処理技術の開発
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行2014
  • 山中研究室:魚のDNAを追え!汲んだ水から棲んでいる魚を分析する新技術
  • レイ研究室:植物の不思議な環境適応
  • 環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:龍谷の森周辺環境と人の関わり
  •   

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2014年度 オープンキャンパスでの研究室公開(終了しました)(14/7/20)

7月20日(日)のオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 森林生態学(宮浦・横田)研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • 市川研究室:瀬田丘陵の大気質を調べる
  • 竺研究室:家庭生ごみからメタンガス
  • 遊磨研究室:龍谷大学 生き物ふれあい紀行2014
  • 山中研究室:魚のDNAを追う!汲んだ水から魚の種類を特定する
  • レイ研究室:植物の不思議な環境適応
  • 環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:龍谷の森周辺環境と人の関わり

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

M1濱本伸哉君がWater and Environment Technology Conference 2014 (WET2014)にて,WET Excellent Research Awardを受賞しました

2014年6月28,29日に開催された国際会議Water and Environment Technology Conference 2014 (WET2014)において, 本学理工学研究科環境ソリューション工学専攻修士課程1年の濱本伸哉(はまもとしんや)君の研究グループが WET Excellent Research Awardを受賞しました。

  本表彰は,WET2014において発表された研究論文のうち,優秀な研究論文を表彰するもので,受賞論文の情報は以下の通りです。
なお,本会議では理工学部環境ソリューション工学科の岸本直之(きしもとなおゆき)教授が発表した別の論文(研究タイトル「Does a decrease in chlorophyll-a concentration in Lake Biwa mean a decrease in primary productivity by phytoplankton?」)も WET Excellent Research Awardを受賞しており,龍谷大学のダブル受賞となりました。

1. 受賞者
濱本伸哉(理工学研究科環境ソリューション工学専攻修士1年),岸本直之(理工学部環境ソリューション工学科教授),植木昌也(島津システムソリューションズ(株))

2. 研究タイトル
Mechanistic consideration of fluoride removal using aluminum sulfate

3. 研究内容
  フッ素は骨格形成や虫歯予防に有用な必須元素として知られるが,過剰摂取により斑状歯や骨硬化症などの中毒症状を引き起こす。
そのためWHOの飲料水質ガイドラインでは1.5mg/L,日本の水道水質基準では0.8mg/Lの基準が定められ,それに対応する形で環境基準値0.8mg/L,一律排水基準値8mg/Lが定められている。
排水中のフッ化物イオンの除去法としてアルミニウム凝集沈殿が広く用いられているが,その凝集メカニズムは必ずしも明確になっていない。
  本研究は,アルミニウム凝集沈殿のメカニズムを明らかにし,将来的に本技術の効率的な運用を図ることを目的としている。 メカニズムとしてアルミニウム水酸化物フロックへのフッ化物イオンの物理吸着,化学吸着,包接体形成を想定し,それぞれのフッ素除去への寄与を検討した。 その結果,化学吸着および包接体形成はフッ化物イオン除去に有意な寄与を示さなかったことから,アルミニウム水酸化物フロックへの物理吸着が主たるフッ化物イオン除去メカニズムであることを明らかにした。


土井田幸郎先生最終講義のご案内(終了しました)

理工学部環境ソリューション工学科
横田岳人(共通的科目運営委員会(生物)委員長)

龍谷大学理工学部開設時から、生物学概論I, IIや生物学実験の非常勤講師とし
て学生指導にあたって戴きました土井田幸郎先生(滋賀医科大学名誉教授)が、
2014年度からのカリキュラム変更を機に、非常勤講師を退任されることになりま
した。20年以上の長きにわたり教育に貢献して戴いた事への感謝を、最終講義と
懇談の茶話会をもってお伝えしたいと思っています。土井田先生の最終講義と懇
談の茶話会を下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。各方面でご
交流のあった皆様のご参集をお待ちしております。

土井田幸郎先生 最終講義「導いて戴いて」
 日時:2014年2月18日(火曜日)13:35〜15:05(第3講時)
 会場:龍谷大学瀬田キャンパス 1号館1階107教室

懇談茶話会:最終講義終了後、下記の通り懇親会を開催いたします。
 日時:同日 最終講義終了後
 会場:龍谷大学瀬田キャンパス 7号館1階環境実習室2

どなたでもご自由にご参加下さい。

【連絡・問い合わせ先】
龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科 横田岳人
E-mail: yokota@rins.ryukoku.ac.jp

2013年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2013年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2014年2月24日(月)9:20〜16:45、25日(火)9:20〜11:50 
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2012年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。   

2013年度 博士論文公聴会の案内(終了しました)

2013年度博士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2014年2月25日(火) 15:00〜16:00
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
  • 講演者 太田 真人
  •         
  • 論題 蝶翅上捕食痕の生態学的研究
        なお、龍谷大学瀬田学舎のキャンパスマップ以下のHPをご覧ください。                  

占部武生教授最終講義のご案内(終了しました)

占部武生教授が2014年3月をもってご退職されることとなりました。
つきましては、占部先生の最終講義と懇親会を下記の通り開催いたします。

  • 日時 2014年2月28日(金) 15:00-15:50
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 1号館1階 107教室
占部先生の最終講義と懇親会のご案内の詳細をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。

2013年度 オープンキャンパスでの研究室公開(終了しました)(13/7/21)

7月21日(日)にオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

近藤倫生准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

 当学科の近藤倫生准教授が、平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞されました。
        

2012年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2012年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2013年2月21日(木) 9:20-18:10
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2012年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。   

2012年度 博士論文公聴会の案内(終了しました)

2012年度博士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2013年2月22日(金) 13:35-15:10
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2012年度博士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。

2012年度 龍谷祭(学園祭)での研究室公開(終了しました)(12/11/05)

10月27日(土)・ 10月28日(日)に龍谷祭(学園祭)に合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2012年度 オープンキャンパスでの研究室公開(終了しました)(12/09/01)

7月22日(日)・ 8月25日(土)にオープンキャンパスに合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2011年度 修士論文公聴会の案内(終了しました)

2011年度修士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2012年2月15日(水) 9:20-15:35
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2011年度修士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。

2011年度 博士論文公聴会の案内(終了しました)

2011年度博士論文公聴会を下記のとおり行います。

  • 日時 2012年2月17日(金) 13:35-15:10
  • 会場 龍谷大学 瀬田学舎 7号館 講義室2
2011年度博士論文公聴会の日程と注意事項をダウンロードできます。
保存するときはリンク上で右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してください(Internet Explorerの場合)。

近藤倫生准教授が大久保賞を受賞

 当学科の近藤倫生准教授が、日本数理生物学会と米国のSociety for Mathematical Biologyの合同国際賞である大久保賞を受賞しました。
 9/13-15に明治大学で行われた数理生物学会において授賞式・受賞記念講演が行われ、来年にはSociety for Mathematical Biologyの年会に招待され受賞記念講演を行う予定です。

2011年度 龍谷祭(学園祭)の研究室公開(終了しました)(11/11/05)

10月29日(土)・ 10月30日(日)に龍谷祭(学園祭)に合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • Lei研究室:植物な不思議な環境適応
  • 宮浦・横田研究室:里山の秋
  • 丸山研究室:水域の生態系サーヴィスを味わう
  • 理工学部環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:楽しく龍谷の森を知ろう
  • 市川研究室:身近な大気環境を測る、大気汚染物質の輸送・拡散を計算する
  • 占部研究室:バイオマスの熱利用
  • 遊磨研究室:生き物ふれあい紀行2011

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2011年度 オープンキャンパスで研究室公開(終了しました)(11/10/11)

7月24日(日)・ 8月27日(土)のオープンキャンパスで研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 浅野研究室:廃材を利用した新たな排水処理技術の開発
  • 市川研究室:身近な大気環境を測る、大気汚染物質の輸送・拡散を計算する
  • 占部研究室:バイオマスの熱利用
  • 菊池研究室:虐待される動物たちの「さけび」に耳を傾けてみませんか
  • 岸本研究室:排水からのエネルギー回収技術の開発
  • 近藤研究室:生き物の名前検定
  • 竺研究室:家庭生ごみの堆肥化およびメタン発酵
  • 遊磨研究室:生き物ふれあい紀行2011
  • 理工学部環境ソリューション工学科博物館学芸員課程:楽しく龍谷の森を知ろう
  • 宮浦・横田研究室:森を調べる、森を愉しむ
  • Lei研究室:植物の不思議な環境適応

研究室公開の様子はこちらからご覧ください

2010年度 オープンキャンパスの研究室公開(終了しました) (10/09/20)

7月25日(日) ・ 8月21日(土)のオープンキャンパスで研究室公開を実施しました。
次の研究室において、研究成果の発表を行いました。ご来場、ありがとうございました。

  • 浅野研究室
    1. 廃材を利用した排水処理技術の開発
  • 市川研究室
    1. 身近な大気環境を計る、予測する
  • 占部研究室
    1. 新処理技術と資源化物の用途開発
  • 近藤研究室
    1. 生き物の名前検定
  • 竺研究室
    1. 家庭生ごみによるバイオガス生成
  • 遊磨研究室
    1. 里山 ボーイズ and  ガールズ
  • 博物館学芸員課程
    1. 龍谷大学周辺の自然「物」
  • 森林生態学研究室(宮浦・横田研究室)
    1. 「里山」に足を踏み入れてみませんか?
  • 丸山研究室
    1. 生態学の視点で水域環境を考えよう
  • Lei研究室
    1. 植物の多様な環境適応
  • 越川研究室
    1. 有機性廃棄物からの有用資源の回収
  • 水質システム工学(岸本)研究室
    1. 排水からの重金属の分離・回収技術

関連リンク
研究室公開の様子はこちらから
入試情報サイト

2009年度 龍谷祭(学園祭)の研究室公開(終了しました) (09/11/25)

10月24日(土)・10月25日(日)に龍谷祭(学園祭)に合わせ、研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 市川研究室
    1. 数値モデルと環境アセスメント
  • 越川研究室
    1. 水環境の安全性:薬剤耐性細菌に関する研究
  • 近藤研究室
    1. 生き物の名前検定
  • 竺研究室
    1. 家庭生ごみの堆肥化からバイオガス発酵へ
  • 遊磨研究室
    1. 龍谷大学いきものがかり2009
  • 横田研究室
    1. 里山の秋〜里山の環境と生き物
  • Lei研究室
    1. 植物の不思議な環境適応
  • 丸山研究室
    1. 生きた魚に触れて生態系サーヴィスを食べる

関連リンク
研究室公開の様子はこちらから
入試情報サイト

2009年度 龍谷祭(学園祭)の研究室公開(終了しました) (09/09/28)

7月26日(日)・ 8月22日(土)のオープンキャンパスで研究室公開を実施しました。
本学科では次の研究室において、研究成果の発表を行いました。

  • 占部研究室
    1. 廃棄物の選別技術を研究する
  • 近藤研究室
    1. ダンゴムシの歩行ルール
  • 遊磨研究室
    1. 龍谷大学いきものがかり
  • 宮浦・横田研究室
    1. 「里山」への招待
  • Lei研究室
    1. 植物の不思議な環境適応
  • 浅野研究室
    1. 促進酸化法による水中の医薬由来物質の分解
  • 岸本研究室
    1. オゾンと紫外線の相互利用―ラジカルを用いた高度水処理技術―
  • 竺研究室
    1. 家庭生ごみの堆肥化からバイオガス発酵へ

関連リンク
研究室公開の様子はこちらから
入試情報サイト

2008年度 龍谷祭(学園祭)の研究室公開(終了しました)(08/11/07)

 10月25日(土)・26日(日)に龍谷祭(学園祭)の開催に合わせ、理工学部では研究室公開を実施しました。本学科では次の6研究室において、研究成果の発表を行いました。
公開時間 11:00〜17:00
場所 龍谷大学瀬田学舎 7号館

  • 占部研究室 廃棄物の資源化技術に挑戦
  • 宮浦研究室 森を調べる、森を愉しむ
  • 横田研究室 里山の秋 〜里山の環境と生きもの〜
  • レイ研究室 植物の不思議な環境適応
  • 丸山研究室 生きた魚に触れて生態系サーヴィスを食べる
  • 遊磨研究室 Feel nature身近な自然を体験
→公開の様子はこちらをご覧ください

2008年度 オープンキャンパスの研究室公開(終了しました)(08/09/04)

 7月27日(日)・8月30日(土)のオープンキャンパスで研究室公開を開催しました。本学科では次の11研究室において、主に高校生を対象とした研究成果の発表を行いました。また、大学生活などに関する質問にも本学科の教員・学生が答えました。
多くのご来場、ありがとうございました。

  • 石垣研究室 微生物がごみをエネルギーに変換!?
  • 竺研究室 家庭ごみの分別方法は誤っている。
  • 岸本研究室 琵琶湖の有機汚濁は改善されたのか?
  • Lei研究室 葉の展開期は植物の生存戦略と関係がある?
  • 浅野研究室 オゾンと紫外線を用いた廃水処理技術の開発
  • 越川研究室 水・資源の有効利用のためのバイオ技術
  • 占部研究室 スラグの資源化推進のために
  • 横田研究室 「里山」に足を踏み入れてみませんか?
  • 近藤研究室 小さな生き物の世界をのぞいてみよう
  • 丸山研究室 水槽の魚を見て環境学・生態学を語ろう
  • 遊磨研究室 Feel nature 身近な自然を体験

関連リンク
研究室公開の様子はこちらから
入試情報サイト

2007年度 龍谷祭(学園祭)の研究室公開(終了しました)(07/11/07)

 10月27日(土)・28日(日)に龍谷祭(学園祭)の開催に合わせ、理工学部では研究室公開を実施しました。本学科では次の6研究室において、研究成果の発表を行いました。

  当日の様子はこちらからご覧ください

  • 陸水生態学研究室【丸山】 水槽で楽しむ淡水魚の世界
  • レイ研究室 地球温暖化が植物にどんな影響を与えるか、調べてみましょう
  • 横田研究室 里山の環境と生きもの
  • 宮浦研究室 里山の秋の実り
  • 浅野研究室 汚れた水をきれいにするテクノロジー
  • 占部研究室 廃棄物からの資源選別技術を研究する

2007年度 オープンキャンパスの研究室公開(終了しました)(07/07/26)

 7月22日(日)・8月25日(土)のオープンキャンパスで研究室公開を開催しました。本学科では次の7研究室において、主に高校生を対象とした研究成果の発表を行いました。

  当日の様子はこちらからご覧ください

  • 石垣研究室 海から見える環境問題
  • 岸本研究室 電気の力で水質浄化 −分散型水再生システム実現を目指して−
  • 占部研究室 廃棄物由来の炭化物、溶融スラグの用途開発 (7月22日のみ開催)
  • 浅野研究室 オゾンを利用した新たな廃水処理技術の開発
  • 横田・宮浦研究室 「里山」に足を踏み入れてみませんか?
  • 丸山研究室 水槽の魚を見て環境学・生態学を語ろう

 また、研究成果をはじめ、大学生活などに関する質問には本学科の教員・学生が対応しました。

07/06/06 カリキュラムのページを更新しました

「学科内共通科目・専門科目」の「実習の実施状況」のページに3年次生の授業内容を追加しました。
また、2007年度入学生より、授業カリキュラムが新しくなりました。このことに合わせて「学科内共通科目・専門科目一覧」も更新しています。
今年度からシラバス(授業科目の概要)を一般の方にも公開しています。

06/12/22 環境ソリューション工学科のウェブサイトをリニューアルしました

環境ソリューション工学科のことをより詳しく知っていただけるよう、本サイトをリニューアルしました。
コンテンツは今後も増やしていく予定ですので、ぜひご期待ください。

2006年度 龍谷祭の研究室公開(終了しました)(06/07/26)

 龍谷祭(本学学園祭)と同時に開催される理工学部研究室公開(2006/10/28〜29)が今年も瀬田学舎で開催され、多くの方々にご来場いただきました。
 環境ソリューション工学科からは7つの研究室が公開され、自然の不思議やおもしろさ、最先端の水処理技術などを体感できる機会となりました。 また、研究室に所属する学生が案内係であったため、入学を希望される学生の方に対して大学生活のことや卒業研究のことなどが紹介される場面も見られました。
2006年度の各研究室公開のテーマ
 横田研究室:生物の環境応答〜生きものは環境変化にどのように反応するか〜
 宮浦研究室:森を調べる
 浅野研究室:汚れた水をきれいにするテクノロジー
 石垣研究室:微生物の力で温室効果ガス削減
 レイ研究室:地球温暖化が植物にどんな影響を与えるか、調べてみましょう
 丸山研究室:生きた魚にふれる・揚げた魚を味わう
 遊磨研究室:水中の世界をのぞいてみよう

06/06/30 理工学研究科に環境ソリューション工学専攻を設置します

文部科学省に2007年4月の設置届けを行っていました「環境ソリューション工学専攻」の設置が認められました。
 豊かな美しい自然環境の保全と継承、健全な水環境の創造と保全、資源循環利用社会の構築等を本専攻の志向する主な教育の柱とし、これらについてのフィールドワークを重視した実践的な教育を行います。
 詳しくは本サイトの大学院入試のページをご覧ください。